小西第一病院は、幅広い診療と質の高い医療を提供します。

一般内科・消化器内科・循環器内科・呼吸器内科・内分泌/糖尿病内科・健診科
外科・消化器外科・整形外科・脳神経外科/脳神経内科・リハビリテーション科

交通アクセス
092-923-2238

電話受付/9:00〜18:00(土・日・祝日除く)

 Menu

検査について

呼気一酸化炭素濃度測定検査

呼気一酸化炭素濃度測定検査

タバコには200種類以上もの有害成分が含まれています。
その中でも代表的な有害成分が「ニコチン」「タール」「一酸化炭素(CO)」です。
呼気一酸化炭素濃度測定は、喫煙による一酸化炭素の体内への取り込み状況を、呼気中の一酸化炭素濃度を定量的に測定する検査です。

ピコプラススモーカーライザー

ピコプラススモーカーライザー

一酸化炭素ガス分析装置として「ピコプラススモーカーライザー」を使用します。

息を吸い込んだら15秒間息を止めます。マウスピースにゆっくりと息を吹き込みます。
ppm濃度とそれに相当する一酸化ヘモグロビンの割合%を示す数値が上昇し、最高値が結果として表されます。

0~6ppm 非喫煙者
7~10ppm 要注意範囲
11~15ppm 喫煙者
16~25ppm 頻繁にタバコを吸う喫煙者
26~35ppm 常習的な喫煙者
36~50ppm 極めて常習的な喫煙者
51ppm以上 危険なほど常習的な喫煙者

呼気一酸化炭素濃度は、3~5時間で約半分になるので、特に当日の喫煙状況を把握することが可能です。
法律で定められた大気汚染に係る環境基準の上限値は10ppmです。
喫煙していると、大気汚染のひどい地域に住んでいるのと同じような状況になってしまいます。
検査ご希望の方は禁煙外来(毎週火曜)を受診ください。

ページ上部へ
戻る