小西第一病院は、幅広い診療と質の高い医療を提供します。

当院へのご連絡は092-923-2238

受付/9:00〜18:00(土・日・祝日除く)

病病・病診連携

現在医療機関では、高度急性期・急性期・回復期・療養期などに機能分化され、病状に応じた医療の提供を行っています。今後は各医療機関がそれぞれの機能に合わせ連携し、地域全体で患者さまを総合的に診ていく体制になっていきます。

当院の病病・病診連携

当院は、地域包括ケアシステムに欠かせない “急性期と在宅復帰への架け橋” としての機能を実現していきます。そのために、急性期病院からの在宅復帰率に関与できる地域包括ケア病床を有し、急性期病院からの受け皿としての機能を強化しつつ、各病院との連携を深めていきます。

当院の病病・病診連携

厚生労働省も推進している地域包括ケアシステムの構築

高齢者が住み慣れた地域で、自分らしく生活できるよう、住まい、医療、介護、予防、生活支援が一体的に提供される「地域包括ケアシステム」の構築が求められています。地域包括ケア病床はときどき入院・ほぼ在宅を推進するため、高齢者の在宅生活を継続的に支援するための病床です。当院では地域医療連携室やリハビリテーション科を通じて、地域包括ケアシステムに欠かせない“急性期と在宅復帰への架け橋”としての機能を強化しています。入院時の退院支援計画の立案などに早期に着手し、円滑な在宅復帰支援を可能としています。

地域包括ケアシステムの構築

地域包括ケア病床

地域包括ケア病床とは

一般病床に入院後、症状が安定しても、退院に不安を感じる患者さまに対して、リハビリを強化・在宅復帰支援を行い、安心して退院していただくための病床です。地域包括ケア病床への入院中は、医療ソーシャルワーカーが患者さまの退院支援・退院後のケアについてサポートさせていただきます。

地域包括ケアシステムの構築

対象となる患者さま

  • 入院治療(肺炎・骨折・手術など)により症状が安定・改善したが、在宅復帰に向けてリハビリや経過観察が必要な方。
  • 自宅や介護施設等で療養中に体調が悪化し、治療が必要な方。
  • 自宅や介護施設等で安心して生活するため、サポート体制を整える準備期間が必要な方。
  • 在宅生活継続のために必要な一時的な入院(レスパイトケア)等を必要とする方。
  • 自宅や介護施設等で療養中の患者さまで、日常生活動作(ADL)向上のためのリハビリテーションが必要な方。

その他の患者さまにつきましてもご相談に応じますので、詳しくはお尋ねください。

留意点

  • 入院期間は、60日が限度となります。
  • 一般的な血液検査、レントゲン検査、投薬治療は可能ですが、病状の変化により、主治医が集中的な治療が必要と判断すれば、急性期病床に転床していただくことがございます。

入院費用について

入院費は定額で、リハビリテーション料、投薬料、注射料、処置料、検査料、入院基本料、画像診断料等の費用がすべて含まれます。医療費の月額負担は定められていますので、一般病床の場合と負担上限額は大きく変わることはありません。

※差額ベッド代など保険診療対象外の費用は別途の算定となります。

病床の機能分化

入院医療について(病床の機能分化)

入院医療について(病床の機能分化)

当院は、厚労省の2025年へのロードマップにそい自院完結型の医療から地域完結型の病床編成に転換されることをふまえ、地域包括ケア病床の届出を行いました。
平成26年4月1日、地域包括ケア入院医療管理料の届出を、九州厚生局に提出し、受理第1号となりました。
併せて、地域包括ケア病棟入院料1も受理しています。

当院は高度急性期病院からの紹介が新規入院患者の50%超となっています。
その観点でも、急性期医療を終えた患者さまに対しての退院支援は、筑紫医療圏で地域完結型医療構築を担う、当院の役割として非常に大きいと考えています。
ポストアキュート・サブアキュートの患者さまへの在宅支援を行うため、医療の質の向上、リハビリテーションのアウトカムを意識した院内体制を構築しています。

毎日、朝(8:45)、夕(16:30)ベッドコントロール会議を行い、病床管理・患者情報を共有化しています。

参加者
  • 院長
  • 看護部(看護部長・各病棟師長)
  • 事務部(事務長・医事課)
  • 連携室(室長・MSW)

地域医療連携室として

入院患者さまお一人ずつに、担当MSWを決めており、入院時から患者さまへの支援を図っています。入院時には退院支援計画を立案し、今後の方針やご家族のご意向なども確認しています。また、入院時の病状説明にも同席し、治療方針についても把握に努めています。よって、患者さまに対し早期介入が可能となっており、退院支援を早期に着手し、円滑な在宅復帰支援が可能となり、高い在宅復帰率を維持できていると考えています。

今後推進される地域包括ケアシステムの中核を担えるよう、院内連携を計り地域と協働し、在宅支援を可能とし、患者満足度の向上や地域に根ざした医療提供に寄与していきたいと考えています。

地域医療連携室において、患者さまにより良い地域生活を実現させるため、ご家族を含めた他職種協働/病診・介護の連携を強化しながら、退院支援を行うことで、安定した病床提供や患者満足度の向上に繋がることを期待しており、地域医療連携室に課せられた役割と考えています。

地域医療連携促進活動の実績報告

当院では、さまざまな地域医療連携のための活動を行っています。

【外部講師による講演会】
□ 筑紫野・地域医療連携フォーラム(会場:小西第一病院)   ※ 敬称は略させていただいております。

開催日 演題 講師
H29年9月13日 痛み・てんかん・運動障害~リンクする3つの病態~
各種認知症の鑑別診断について
福岡大学病院
脳神経外科・講師 森下 登史
福岡大学病院
神経内科学・教授 坪井 義夫
H29年5月17日 脳神経外科医が診る腰痛と下肢痛 福岡大学病院
脳神経外科・講師 森下 登史
H29年3月7日 糖尿病診療における食事・薬剤よもやま話 福岡大学病院
内分泌・糖尿病内科・教授 柳瀬 敏彦
H29年1月17日 血圧変動抑制も考慮する降圧療法 福岡大学筑紫病院
循環器内科・教授 浦田 秀則
H28年4月25日 パーキンソン病の症候、診断および内科的治療の問題点
脳深部刺激療法の適応と効果 ~パーキンソン病を中心に~
福岡大学病院
副院長・神経内科・教授 坪井 義夫
福岡大学病院
脳神経外科・講師 森下 登史
H28年3月14日 肺炎・非結核性抗酸菌症の臨床 福岡大学筑紫病院
呼吸器内科・教授 永田 忍彦
H27年1月20日 九州中央病院における大腸癌治療について 九州中央病院
副院長・一般外科部長 池田 陽一

■平成26年度詳細はこちら クリックで開閉します。

■平成25年度詳細はこちら クリックで開閉します。

■平成24年度詳細はこちら クリックで開閉します。

□ 健康講座(会場:石崎公民館)

開催日 演題 講師
H29年8月1日 骨粗鬆症の予防と治療について 整形外科医 有吉 十喜子
H29年6月15日 熱中症について 呼吸器内科医 牛島 真一郎
H29年4月14日 膝の痛みに対する運動について 理学療法士 関 正浩
H29年2月16日 関節の痛み・腫れ・朝のこわばり リウマチかも? リウマチ内科医 鮎川 竜祐
H28年12月1日 いきいき暮らす HAPPY!! 看護部長 渡邊 アツ子
H28年10月14日 腰痛体操について 理学療法士 木村 政登
H28年8月1日 熱中症について リウマチ内科医 鮎川 竜祐
H28年6月15日 知ろう・防ごう!食中毒 看護部長 渡邊 アツ子
H28年4月15日 転倒予防について 理学療法士 木村 政登
H28年2月15日 風邪防止について 呼吸器内科医 矢次 博

■平成27年度詳細はこちら クリックで開閉します。

■平成26年度詳細はこちら クリックで開閉します。

■平成25年度詳細はこちら クリックで開閉します。

□ 健康講座(会場:むさしヶ丘公民館)

開催日 演題 講師
H29年8月29日 【1】 “COPD(慢性閉塞性肺疾患)”について
【2】 呼吸器リハビリテーションについて
【3】 COPDに関する検査について
【1】呼吸器内科医 宮崎 浩行
【2】 理学療法士 関 正浩
【3】 臨床検査技師 荒瀬 香代子
H29年5月30日 【1】 「膝関節」について
【2】 膝の痛みに対する運動について
【3】 介護保険について
【1】整形外科部長 原 康二
【2】 理学療法士 関 正浩
【3】 社会福祉士 北嶋 梨奈

□ 褥瘡セミナー(会場:小西第一病院)

■平成28年度詳細はこちら クリックで開閉します。

■平成27年度詳細はこちら クリックで開閉します。

患者さまのご紹介手続き

病院、施設より電話で地域医療連携室に入院のご相談
診療情報提供書(FAX)にて確認
ご紹介元と調整し、入院日を決定
ご入院※ 紹介元の医療機関には、入院種別・担当医を書面にてお知らせいたします。

患者さまへ

入院や通院に関して不安に思われること、退院後の心配や転院についての情報がなくお困りのこと等、ご相談をお受けし、不安解消のお手伝いをさせていただきます。入院中の患者さまのご相談ついては、病室にお伺い致しますので、お気軽にご相談下さい。

受診や転院などのお問い合わせは

『小西第一病院 地域医療連携室』

TEL092-923-2230(直通)
携帯090-5382-7658龍頭室長

月曜〜金曜日 9:00〜18:00 / 土曜日 9:00〜13:00
※ 日曜・祝祭日はお休みです。

ページトップ